車の車検、済んでますか?

HOME > 車検について > 車検は保安基準の確認を行うための検査であって

車検は保安基準の確認を行うための検査であって

 車検は車の保安基準の確認を行うための検査となります。
 車は製造して使い続ければいろんな部品が劣化していき安全を保てなくなります。
 そうなると事故を起こす可能性が非常に高くなるのでそれを防止するための一環として国が主導してこの検査の導入を行っています。
 なおこの車検は多くの外国で実施されていますが、その基準は一様でなく国ごとに異なります。
 なおこの車検の日本での基準は車ごとに違います。
 商売用でないマイカーの場合は新車から3年間が終わろうとするころに最初の検査が行われ、以後は2年ごとになります。
 しかしナンバープレートの色で商業用に該当する車の場合は軽トラックは2年ですが、それ以外は新車登録から最初の1回目を除いては1年ごとの検査となります。
 この1年おきの検査ではレンタカーも該当することになります。
 

 さてその車検では法律上は車の使用者が検査を受けることとなっていますが、実際には車の使用者のほとんどは車の整備ができるほどの専門知識と経験と資格がありません。
 そのためにほとんどは専門の整備工場に依頼して行うのが一般的となります。
 一方でこの法律の問題を指摘する意見があり、それのために今の時代はユーザー車検制度が導入されました。
 このユーザー車検制度では法律上とまったく同じように車の使用者自らが整備検査をすることとなります。
 これを利用すると業者委託に比べて安価で済ませられることとなります。
 ただし自分自身で車検場に持ち込まないとならないし、よほど経験慣れしていないと再検査しなければならない可能性が高まります。
 その車検場での検査では事前に検査代を支払いますが、不合格になっても次回の再検査で合格すればその検査手数料は余計に支払わないでも済みます。
 ただし限度回数が決められていて何度も落ちると検査手数料自体も再支払しないとなりません。
 

 またこの車検では国が定めた最低限の保安基準の検査であることに留意しないとなりません。
 国が定めた最低限の保安基準の検査なので、安全を保障した検査ではありません。
 極端な事例では検査の帰りに故障したりなどしても合格したことになります。
 またドアなど車体がへこんだままでも錆や鋭利な傷などがなければ合格などする場合があります。
 その車検の検査ではほとんどが業者での修繕検査となりますが、その検査代は業者ごとに違います。
 業者ごとに違う要因の1つは整備基準の違いでもあります。
 というのは検査合格だけでなく車の故障自体も未然防止をしている業者もあれば、最低限の基準にターゲットを置いている業者もあるからです。
 一般に料金が高い業者は新車販売をしているディーラーと言われます。
 しかし高い代わりに安全基準は高いし、指定工場なので車検場への持ち込みもしないで済ませられるメリットがあります。
 一方で価格の安さを強調しているようなプランの場合だと検査合格だけの最低限に基準を設定してることに注意しないとなりません。
 

次の記事へ

カテゴリー