車の車検、済んでますか?

HOME > 車検について > 車検基本料がポイントになります

車検基本料がポイントになります

 車検を受けるにあたって、ディーラーや整備工場などで事前に見積もりを取ってみることが大切です。
 そして、車検には基本料と法定費用の他に、一般整備として交換部品などがあります。
 その中で、法定費用は車の重さなどによって異なり、金額としてはどどこに依頼をしても同じになります。
 内容としては、重量税と自賠責保険料と印紙代があります。
 例えば、乗用車の場合、自賠責保険料が24950円、印紙代が1700円になります。
 そして、重量税の部分が重さによって異なり、コンパクトカーなどで1000キロ以下であれば16400円となります。
 そして、違いが出る部分が基本料で、この部分を比較して決めることが必要です。
 ちなみに、比較サイトを活用することで安く抑えることができます。
 方法も簡単で、車種や年式を入力するだけで複数の業者から見積もりを取ることができて便利です。
 

 そして、基本料の相場としては2万円から3万円がほとんどで、安いプランの場合必要最低限の部分の点検となります。
 その点、高いからいいというわけではありませんが、エアフィルターなど快適に走行できるために必要な部分もチェックしてもらうことができます。
 ちなみに、車検を通すためにはブレーキやエンジンなどをチェックしますが、保安部品以外に関しては必須ではありません。
 例えば、エアコンフィルターが汚れていても車検を通すことができますが、できれば変えたほうが良い部分でもあります。
 このような部分も見積もりを取ることによって判明し、部品代や工賃などを比較して依頼するかを決めることができます。
 もちろん、省ける部分は見比べて省くことができ、安く抑えることも可能です。
 ちなみに、比較サイトで見積もりをした場合、エンジンオイルなど基本的な部分を計上しており、実車を見ていないためはっきりとした金額ではないことを理解しておくことが必要です。
 

 先ほどもあったように一般整備としては、エンジンオイル交換やブレーキパッド交換などがあります。
 ディーラーの場合は純正部品を使っているため、比較的高くなることもあります。
 しかし、その分整備保証が付いてくるという安心感があります。
 そして、整備工場などでも保証を付けているところがあり、ディーラー同様に安心です。
 それに加えて、実際に車検を依頼するにあたって一日で完了することが多いのですが、経年車の場合は修理箇所が多いこともあり二日ほどかかることがあります。
 その時のことも視野に入れて、代車を出してくれるかも確認をしておきます。
 最近は、代車無料のところもあり、車を使わなければならない人も安心して依頼ができるようになっています。
 それ以外に、比較サイトを活用すると、評判なども確認できることもあり、依頼する決め手になります。
 

カテゴリー